生活リハビリ。

 

きっと、多くの皆さまがリハビリとは「筋力

強化をすること」や「関節の動きを良くする

こと」、「歩行訓練すること」だと思われる

でしょう。それも大切なリハビリの一つです。

 

 

しかし、高齢者へのリハビリを考えた時、この一般的なリハビリの方法では、効果

が上がらないことも少なくはないのです。

歳をとれば、筋力などの身体の基本的な機能だけでなく、その身体を操作する能力

も衰えてきます。つまり、高齢者は「能力」や「歩行」が向上しても、以前の生活

を取り戻せるとは必ずしも言えません。

 

その身体の操作方法を訓練する手段の一つが「生活リハビリ」です。

食事をする、入浴をする、トイレで排泄を

する、散歩に出かける、花だんの手入れを

する等。生活リハビリは、普段の生活動作

をリハビリ機会として捉えます。出来る事

はご自身でやっていただく。出来ない事は

職員が手伝う。今は出来ない事も、いずれ

は出来るようになっていただく。その結果、

生活する意欲が向上したり、筋力が向上し

たり、歩行が上達したり。

 

一般的なリハビリアプローチとは全く逆の考え方と言えるかも知れません。

普通は、筋力がついてきたらオムツをやめ、トイレ排泄にするとか、機械浴から

一般浴に移行するとか考えますから。

 

私達のリハビリ目的は、¨筋力を取り戻す

こと¨ではありません。

 

¨生活を取り戻すこと¨にあります。

 

 

当施設ではそのことを実現するために、全職員が一丸となって「全員介護、

全員リハビリ」を実行し、生活力向上のリハビリに取り組んでおります。

 

ご利用者さまのご自宅での生活再スタートを願って…。